占い師・風水師になるには「マイラキ」~My lucky day~
占い師・風水師になるには「マイラキ」~My lucky day~ » 占い師になるための基礎知識 » 占い師の種類とは?

占い師の種類とは?

このサイトは「響月堂株式会社」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

index

占いの種類「命占・卜占・相占」

占いというと、「タロット」や「手相占い」「姓名判断」などを思い浮かべる方も多いかもしれません。実は占いは、占い方によって「命占」「卜占」「相占」の3つに分けることができます。

ここでは、3つの占いの種類について、わかりやすくご紹介します。

命占

命占(めいせん)は、生年月日や誕生時間・場所など、その人の固有の情報から占う方法です。後から変更できず、一生変わらない情報をもとに占うため、生まれ持った性格や才能、個人の性質、あるいは数年以上の長いスパンの運勢を占うのに適しています。

また、相性占いも得意です。 生まれた瞬間の星の配置から運勢を読み解く西洋占星術や、生年月日や姓名の数字から運勢や人生を紐解く数秘術をはじめ、九星気学、算命学、四柱推命、宿曜占星術、紫微斗数、0学などがこれに該当します。

卜占

卜占(ぼくせん)は、「質問に対してどんなカードが出たか」など、偶然の要素を使って占う方法です。3,000年ほど前から行われており、古くは、亀の甲羅を焼いて「どんな亀裂が入ったか」によって占ったと言われています。

「今転職するべき?」「彼氏と結婚してもいい?」など、具体的な内容を占うのが得意です。また、常に変化していくものも占えるため、状況が変わった時点で新たに占い、別な結果を得ることも可能です。タロット占いや易占い、ホラリー占星術、マンデン占星術、ルーン占いなどが該当します。

相占

相占(そうせん)とは、ものの形や様子から、運勢や吉凶などを占う方法です。主なものに、手の皺や形から運勢・性格を読み解く手相や、引っ越し先の土地や室内の家具の配置などを占う風水、顔の形や目・鼻などのパーツ、骨格などからその人の性質や運勢を占う人相などがあります。骨相・地相・墓相なども該当します。

相占では、現在の形を元に、将来を占います。このため命占や卜占よりも普段の生活に取り込みやすく、開運の手法などとして多く用いられています。

編集チームより

占いは、何を根拠に占うかによって「命占」「卜占」「相占」の3つの種類に分けられます。ポイントは、それぞれ得意分野が異なっており、ニーズによって適切な占い方法が異なること。占い師になりたいなら、まずはどんな占いをしてみたいか、種類を選ぶことから始めましょう。

下記では、これから占い師を目指すための方に向けて、占い師として何を身に着けると収入アップにつながるのか、ビジネスのテクニックをご紹介しています。ぜひご確認ください。