占い師・風水師になるには「マイラキ」~My lucky day~
占い師・風水師になるには「マイラキ」~My lucky day~ » 占い師の資格とは » ホロスコープインストラクターとは

ホロスコープインストラクターとは

このサイトは「響月堂株式会社」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

こちらのページでは、「西洋占星術」や「ホロスコープ」はどのようなものなのか、また西洋占星術に関連する資格について紹介しています。さらに、ホロスコープインストラクターなど資格を活かせる職業についてもまとめていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

index

そもそもホロスコープとは

「ホロスコープ」とは、西洋占星術における天体の配置図を指しています。西洋占星術は「依頼者が生まれた瞬間の星の配置が、その後の運命に影響する」という考えをもとにして、これから先の運命を読み解いていくという点が特徴の占い方法です。このことから西洋占星術を用いる場合、はじめに依頼者の生年月日や出生した時間、出生した場所といった情報をもとにしてホロスコープを作成していきます。

ホロスコープでは、出生時における惑星の位置や横道十二宮の位置、ハウスの位置関係が示されており、依頼者が生まれた瞬間の座標がわかるようになっている点が特徴です。西洋占星術では作成したホロスコープの内容をもとにして、生まれた瞬間から現在、未来に至るまでの座標の動きを見ながら運命を占っていきます。そのため西洋占星術での占いを行う上では、まずはホロスコープを正確に作成するスキルが必要である、といえるのです。

ホロスコープの読み方はどう読む?

西洋占星術で占いを行うには、前述した通りホロスコープを正しく作成するスキルが必要であるとともに、作成したホロスコープを正しく読み解いていくためのスキルも求められます。このホロスコープには、依頼者が生まれた瞬間における惑星・横道十二宮・ハウスの座標が記されていますので、これらの配置が何を意味しているのかといった内容を読み取る知識が必要となります。

基本的な知識としては、まず「生まれた日の太陽の位置を見ると生まれ星座がわかる」という点です。この部分が理解できれば、星座が持つ意味から依頼者の基本的な性格を読み解けます。 さらに、「ハウス」について見ていきましょう。このハウスは12の項目(生命・金銭・知識・家庭・創造・健康・結婚・遺産・意識・仕事・友人・障害)に分けられています。ここから、生まれた瞬間の各運勢、10年後、20年後といったように、ホロスコープの時間経過に伴って読み解いていきます。

これらの点を読めるようになることにより、現在運気が高いハウスはどれなのかといった点や、希望するハウスの運気が高まるのはどのようなタイミングなのか、といった点などに関するアドバイスが可能となります。

西洋占星術の資格試験

西洋占星術の資格試験として、2ヶ月に1度の頻度で「西洋占星術資格検定試験」が行われています。

受験資格は特に設けられていないため誰でも受験が可能。受講料は10,000円(税込)となっており、インターネットから申し込む必要があります。また、当日は在宅での受験となりますが、資格試験の内容としては「星座占いについて」「懐疑論について」「ホロスコープ」「十二宮」「サインの意味するもの」「惑星 感受点」などさまざまな内容が問われます。こちらの試験は、70%以上の評価で合格となります。

占い師になるためにかかる
費用について詳しく見る

資格を生かせる職業

ホロスコープインストラクター

西洋占星術資格を活かせる職業として、まず「ホロスコープインストラクター」が挙げられます。

ホロスコープインストラクターは、占星術の知識を活かして相談者の基本的な性格や適正などを見出し、これから先の未来をより良いものにするためのアドバイスなどを行います。相談者のプロフィールに加え、時期によって変化するホロスコープを正確に読み取っていくことによって相談者の悩み解決のお手伝いを行っていきます。それぞれの相談者によって悩みは異なりますが、その悩みやその方の性格・適性などに合わせて未来を導くお手伝いができる、という点がこの仕事の魅力であるといえるでしょう。

このように、自ら相談者を占うといったケースもありますが、「インストラクター」という名前の通り西洋占星術に興味のある方にその技術と魅力を伝えるために講演や実演といった活動を行っている方もいます。

西洋占星術士

西洋占星術資格が活かせる仕事として「西洋占星術士」といった選択肢もあります。これは、ホロスコープを利用して相談者の未来を読み取り、導いていくといった仕事です。ホロスコープを読み解くスキルを活用し、相談者がより良い未来を歩んでいけるようにアドバイスを行います。街角や占いの館などで西洋占星術士として占いを行ったり、さまざまな占いグッズを扱うお店などに勤務するといった方が多い傾向が見られます。

また、西洋占星術士の講師として活躍している方もいます。その場合には、専門学校やスクールに通っている生徒などに対して西洋占星術のスキルや知識を伝えて指導を行っていく、という仕事になります。このような講師を担当しているのは、自身も長年占いを経験している人物であるといったケースが多く見られますが、ホロスコープの使い方や占いに使用する道具の使い方、また相談者に対してどのように運命を読み取っていくのかといった点などを教え、受講生が自立して占いの活動を行っていけるように促していくという役割を持っています。

占いカウンセラー

「占いカウンセラー」は、自身が持つ占いの知識と技術を活かして相談者の悩みを解消し、「あるべき形」に導いていく、という役割を持っています。そのため、占いの技術と知識に加えて相談者の悩みをしっかりと聞き取るカウンセリング技術も求められます。

占いカウンセラーは、街角や占いの館で活動を行っているというケースが多く見られます。単に占いを行うだけではなく、心理的なカウンセリングに関する知識や技術も持ち、悩みを抱えた相談者を正しく導くことが期待されている存在といえます。

さまざまな人の相談に乗っていく中で満足する相談者が増加すると、自然と名前が売れて口コミによって相談者が増える傾向がある点も占いカウンセラーの特徴のひとつとなっています。何より相談者が悩みを解決し、満足してもらえるといったところが占いカウンセラーの大きなやりがいにつながっていくといえるでしょう。

マイラキ編集チームマイラキ
編集チーム
Point

編集チームより

西洋占星術やホロスコープという名前はよく耳にする・占ってみたいと感じているものの、実際はどんなものかわからない、占い方がわからないといった方も多いのではないでしょうか。

こちらのページでは、西洋占星術やホロスコープとはどのようなものなのか、また西洋占星術に関する資格やホロスコープインストラクターをはじめとする資格を活かせる職業について紹介していますので、ぜひ自分が興味のある内容をチェックしてみてください。

占い師になるには?
テクニックや体験談を詳しく見る