占い師・風水師になるには「マイラキ」~My lucky day~
占い師・風水師になるには「マイラキ」~My lucky day~ » 占い師の資格とは » 夢占いアドバイザー

夢占いアドバイザー

このサイトは「響月堂株式会社」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

そもそも夢占いとは

夢占いの起源は心理学にあります。心理学者のジークムント・フロイト(1856年~1939年)によって「夢と精神医学との関連性」において、夢は無意識(潜在意識)の現れであり人が抱える悩みや心理が睡眠中に現れるもの、という考え方が唱えられました。

フロイトの説で有名なのが「リビドー」です。人間の抑圧されたリビドー(性衝動・性エネルギー)が不安や恐怖を伴う夢として現れるというもので、独自の判断基準をつくり夢による精神分析を提唱。神経症の発症に大きく関わるとし、この時点では「夢占い」ではなく「夢判断」とされていました。

もう1人の心理学者でカール・グスタフ・ユング(1875年~1961年)は、フロイトから大きな影響を受けながら神話研究やスピリチュアルにも傾倒し、「無意識には個人的無意識と集合的無意識がある」という説を提唱。これは夢は個人が見るものであると同時に、他者の意識と交わる領域にも夢が関連するという解釈につながるものです。

ユングが提唱する「元型論」では、社会的生活と私生活・職場での役職と家庭での役割・顕在意識と潜在意識といった、同じ人間がもつ違う顔を「ペルソナ(仮面)」という概念で説明。これを夢判断に当てはめると無意識からのメッセージに気づけます。

たとえば、結婚を控えて幸せそうにしている女性が「制服を着て鏡を見ている」夢を見た場合、幸せと同時に得られる安心を感じながらも、心のどこかで不安を感じているかもしれません。良いところばかりに目を向けて誰かと一緒に暮らすルールを守らないと、いずれ家族から雑に扱われ幸せが逃げていく。そうなる前に自分を律する必要があると無意識が教えているのです。

夢判断から夢占いへ

精神医学の分野で発展した夢判断は、数多くの研究のほかにスピリチュアル的な影響を受けてきました。今日では夢占いとして多くの本が出版され、とても身近な占いとして重宝されています。

インターネット上でも夢占いに関するサイトが公開されていて、気になる夢を簡単に判断できることから人気で、なかには「気になる夢をぜひ投稿してください」と記載しているサイトもあります。占者のこれまでの占った結果から答えを導き出したり、ほかの占いとかけあわせた答えを出したり。オリジナルの夢占いが生まれる場所とも言えそうです。

夢占い師(夢占いアドバイザー)資格試験

夢占い師として活動している人たちの多くは、長年にわたる研究や他の占いでの経験値が高い傾向にあります。それだけ夢占いには経験や知識が必要なのだとも言えるでしょう。

そんな夢占いにも資格はありますので概要を紹介します。

受験費用

夢占い師資格の受験料は10,000円(税込)が平均的な価格です(※)。

※2023年9月15日時点において、「夢占い 資格試験」のKWでGoogle検索結果の上位に入った3校の受験費用

合格基準

70%の正答で合格としているところが多くありました。なかには、初級コースは60点以上だけど上級コースは80点以上の正答が必要といったスクールもあるので、受講前に確認しておくと良いでしょう。

資格を生かせる職業

夢占い師・夢占いアドバイザー

タロット占いや占星術などと同様に、専門として働くことができます。代表的なのは占い専門店に所属すること。その場合は夢占いだけでなく、あと1~2つほど違う占いをできるようになっておくのがおすすめです。占い専門店は多種多様な占いができるので、1種類だけだと選ばれにくくなります。ほかの占いも多少はできるほうが強みにできます。

幅広いエリアで活躍したいなら、占いサイトの運営がおすすめ。占い師に直接会うのは苦手だなと思う人でも気軽に占えるので、より集客しやすいと言えます。

サイト運営で必要なことにWeb系の知識が挙げられます。苦手な人は外注すればよいのですが、更新作業は手間や費用がかかるので自分でできるようになりたいものです。そのほかに、掲載できる事例を用意しておくことも大切。これは占いの依頼が来るたびにノウハウとして蓄積できますが、サイトとして成立させるにはある程度の記事は必要です。

心理セラピスト

夢占いが活躍できる分野に心理セラピスト・カウンセラーがあります。そもそも夢占い自体が精神医学から発展したものなので、メンタルの状態を知るときに「最近どんな夢を見ましたか?」といった質問はとても有効です。たとえば、ゲシュタルト療法では夢を再体験するワークで自分の無意識にきづくというものがあります。このようにクライアントの言葉にできない心の内側を紐解くのに活用できるのも、夢占いの魅力です。

夢占い師の育成

数多くの経験を積んだ後は、指導者として夢占いの講座をひらくのもよい案です。夢占いはマンツーマンだけでなくグループレッスンでも開催可能。夢に出てきたキーワードをみんなで読み解けば、それぞれが自分の思い込みが働いているのかを気づくこともできます。

マイラキ編集チームマイラキ
編集チーム
Point

編集チームより

夢はとてもプライベートなもので、なかには気になるけどどうすればいいのかわからない、どう質問すればいいのかわからないといった人も多くいます。そんな悩みを汲み取りながらクライアントの心をほぐしていく夢占いには、数多くの知識と経験が必要です。

こちらのページでは夢占い師(夢占いアドバイザー)について、その歴史や概要、資格を活かせる働き方を紹介しました。そのほか、当サイトでは資格を活かして活躍する占いについても紹介していますので、ぜひ興味のある占いについてチェックしてみてください。

占い師になるには?
テクニックや体験談を詳しく見る